利用規約・免責事項

平成24年4月6日 制定
平成29年9月18日 改定

第1条 はじめに

  1. こはる写真館の出張撮影サービス(以下「本サービス」といいます)は、お客さま(以下「利用者」といいます)の指定する場所へカメラマンが赴いて写真撮影を行い、撮影データをもとに後日、写真プリント・写真集・写真グッズ・撮影データを提供するサービスです。
    本サービスをご利用いただくには、このこはる写真館利用規約(以下「本規約」といいます)に同意いただくことが必要です。
    本サービス利用者(以下「利用者」といいます)は、本規約の全記載内容に同意するものとします。

  2. 本規約の内容は必要に応じて予告なく変更することがあります。
    ご利用の際には、最新の利用規約をご参照・同意の上、お申し込みください。


第2条 申し込み・依頼について

  1. 本サービスの利用を希望する場合は、ホームページ内のお申込みフォームより申し込み・依頼を行うものとします。
    但し、当サービスと取引のあるビジネスパートナーはこの限りではありません。
  2. 未成年者が本サービスの利用申し込みを行う場合は、親権者の同意を得、同意書に親権者の直筆署名、捺印を得るものとします。
  3. 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合には、申込をお断りする場合があります。
     (1)本条第1項以外の方法で申し込みを行った場合
     (2)その他、本サービスが不適切と判断した場合


第3条 本サービスの内容について

  1. 利用者の指定する場所へカメラマンが赴いて写真撮影を行い、撮影データをもとに後日、写真プリント・写真集・写真グッズ・撮影データを記録メディアに保存したもの等を提供します。
  2. 撮影内容は、全てのプランにおいて人物撮影がメインであるものとします。
  3. カメラマンは可能な限り、利用者の希望を叶えられるよう努力するものとしますが、全ての要望に応えられることを約束するものではありません。
    希望の内容によっては追加料金を別途申受ける場合があります。
  4. 納品後の写真プリント・写真集・写真グッズ・撮影データを記録メディアに保存したもの等については、利用者が適切に管理・保存するものとします。
    初期不良・乱丁・その他事故などの場合を除いて、本サービスは納品後の商品には一切関与せず、また一切の責任も負いません。
  5. 記録メディアの再生に必要な機器については、利用者が適切に準備するものとします。
    初期不良・その他事故などの場合を除いて、本サービスは納品後のデータ管理には一切関与せず、また一切の責任を負いません。


第4条 契約の成立について

  1. 利用者が第2条第1項に定める申し込みを行い、本サービスがそれを承諾する旨の連絡を行った時点で、契約が成立したものとします。
  2. 契約成立後の内容変更(撮影日時・場所・内容・その他)については、カメラマン・利用者共に誠意をもって協議するものとします。


第5条 撮影日変更について

  1. 天候不順による撮影日変更について
    天候による撮影日の変更は可能です。
    延期が確定した時点で、改めて撮影日について協議の上、変更することとします。
  2. 原則として、利用者の都合による撮影スケジュールの変更は、撮影予定日の10日前まで可能とします。
    撮影9日前以降に変更を申し出る場合は、次条記載のキャンセル料を支払い料金に加算することとします。
    (但し、不慮の事故・災難・急病などの緊急な事情、悪天候などが予定日に予期されている場合などについては、この限りではありません)


第6条 キャンセルについて

  1. 本サービスの契約成立後は、原則キャンセルを行うことはできません。
    但し、本サービスがやむを得ない事情があると判断する場合に限り、利用者は契約をキャンセルすることができるものとします。
  2. 撮影のキャンセル規定
    契約成立後、撮影予定日10日前までのキャンセル料は無料となります。
    但し、利用者のご都合により撮影予定日9日前以降にキャンセルが行われた場合、利用者はキャンセル料を支払う義務が生じるものとします。
     ■撮影予定日の10日前まで:キャンセル料なし
     ■撮影予定日の9日前から4日日前まで:30%
     ■撮影予定日の3日前から前日まで:50%
     ■撮影当日:100%
      ※スケジュール確保の為に設定しておりますので、ご了承ください。
      ※キャンセル料は、本サービスが指定する口座に振り込むものとします。
       その際の振込手数料・その他費用は利用者負担となります。
  3. 記録メディアは、メディア本体もしくは撮影データに欠陥がある場合を除き、返品・交換は一切できません。
    万が一、欠陥があった場合、利用者は受け取り後1週間以内に本サービスへ申し出るものとします。
  4. 写真商品・印刷物作成のキャンセル規定
    契約後のキャンセルはいかなる理由でも原則として一切できませんが、やむ終えない事情がある場合に限り、以下のキャンセル料をもって作業を中断する事が出来ます。
    但し、申し込みプランに含まれている商品はキャンセルできません。
     ■商品データ作成前:10%
     ■商品データ作成前:10%
     ■商品データ校正途中:50%
     ■商品データ入稿後:100%
  5. 本サービスは、利用者が各号のいずれかに該当する場合、いつでも契約を取り消すことができるものとします。
     (1)本規約に違反した場合
     (2)申し込み情報に悪意ある不備・偽りがあった場合
     (3)その他、本サービスが不適切と判断した場合


第7条 出張撮影に関するトラブルについて

  1. 本サービス・カメラマンの責に帰すべき事由(遅刻・無断キャンセルなど)によって、撮影の一部または全部を行えなかった場合は、協議の上、日を改めての再撮影または支払い金額の返金までの対応となります。それ以上の保障は一切出来ません。
  2. 予期せぬ天災や交通事故による渋滞・公共交通機関内における事故・カメラマンもしくは近親者の不幸など、想定外の出来事が発生した場合、カメラマンが出張先に遅れ・もしくは到着出来ない・途中で撮影を中断などの事態が起こる可能性があります。
    それによって撮影の一部または全部を行えなかった場合は、協議の上、日を改めての再撮影または支払い金額の返金までの対応となります。それ以上の保障は一切出来ません。
  3. 利用者の責に帰すべき事由によって、撮影の一部または全部を行えなかった場合は、本サービスはその責任を負わないものとします。
  4. 本サービスは撮影中に発生した事故及びケガ等につきましては一切の責任を負わないものとします。
  5. カメラマンは撮影機材の管理・整備には細心の注意を払うものとしますが、万が一、出張先での機材トラブルによって問題が生じた場合は、協議の上、日を改めての再撮影または支払い金額の返金までの対応となります。それ以上の保障は一切出来ません。
  6. 利用者は、撮影時の希望・不満(どんな風に撮影して欲しいか)をその都度その場で申し出ることとし、カメラマンは可能な範囲でそれに対応するものとします。
    撮影後の撮影内容に対する苦情については、本サービスは一切の責任を負わないものとします。


第8条 撮影後の画像・銀塩は新プリント・写真集・グッズ制作に関するトラブルについて

  1. カメラマンは細心の注意を払って撮影データを管理するものとしますが、万が一、事故・紛失が発生した場合は最善の救済策を実行した上で可能な限りの提供と支払い金額を全額返金することとします。
    それ以上の保障は一切出来ません。
  2. 写真プリント・写真集・グッズなどの作成に使用する撮影画像における他の人物・建物・看板・ポスターなどの著作権・肖像権(著名人など)に関して第三者より指摘があった場合、本サービスは一切の責任を負わないものとします。
  3. 作成後のプリント・写真集・グッズなどに関して、明らかな過失が無い限り(乱丁・落丁・全く別の人物が中心に写っているなど)本サービスは一切のクレームを受け付けないものとします。
    本サービスに一任した写真プリント・写真集・グッズなどの仕上がりが気に入らないという場合も、本サービスは一切の責任を負わないものとします。
  4. 本サービスの提供する写真プリント・写真集・グッズなどに明らかな過失が発生した場合(乱丁・落丁・全く別の人物が中心に写っているなど)、利用者は受け取り後1ヶ月以内に再作成を依頼するものとします。
    本サービスは、該当期日以降のの再作成には一切応じないこととします。


第9条 納品について

  1. 撮影終了後、各プランに定められた納期を目安に商品・記録メディアを発送します。
    北海道・沖縄・その他離島地域への発送、また天候・交通状況などにより到着までに時間がかかる場合があります。
  2. 繁忙期は納期が遅れることがあります。
  3. 配送先は日本国内に限るものとします。
  4. 商品・記録メディア受取り後、本サービス所定の期日までに第8条第4項の手続きが行われなかった場合は、期日をもって契約は完了したものとします。


第10条 利用料金・支払いについて

  1. 本サービスの利用には、申し込みプランごとに本サービスの定める料金が必要です。
  2. 各メニュー料金には、第3条第1項に定める内容の対価が含まれます。
    別途、オプションサービスを利用する場合は、追加料金が必要となります。
  3. 利用者は本サービスが指定する方法により、指定された日時・期日までに料金を支払うものとします。
  4. 利用者は銀行振込にて支払いを希望する場合、振込手数料・その他費用を負担するものとします。
  5. 本サービスの料金は、予告なく変更する場合があります。
    但し、契約成立後に料金改変があった場合は、その件における料金の変更はしないこととします。


第11条 遅延利息について

  1. 利用者が料金支払いを支払期日より遅延した場合は、支払期日の翌日から支払いの日の前日までの日数について、年利14.6%の割合で計算した額の遅延利息金を本サービスに支払うものとします。
    その際、支払いに必要な振込み手数料その他の費用は、当該利用者が負担するものとします。


第12条 業務委託・再委託について

  1. 本サービスは、利用者との契約を一部または全て第三者に再委託できるものとします。
    この場合、本サービスは再委託先にも本規約の内容を遵守させるものとします。


第13条 本サービスの責任制限

  1. 本サービスの利用に関し、本サービス・カメラマンが損害賠償義務を負う場合は、利用者が本サービスに対して支払った料金を限度額として賠償責任を負うものとします


第14条 サービスの追加・変更・中止・終了について

  1. 本サービスは、いつでも任意の理由で、サービスの追加・変更・休止・中止・終了を行うことができるものとします。


第15条 利用者の責任、著作権について

  1. 利用者は、申し込み情報の不正利用の防止に努めると共に、その管理(パソコン・タブレット・携帯電話などの管理を含む)について一切の責任を持つものとします。
  2. 利用者情が申し込みに使用した情報が第三者に利用された場合、またはメール不着などの予期せぬ事故・宛先を間違えて送信した場合など、申し込み情報が本サービスに届かなかったことによって生じた損害等については、本サービスはいかなる事態であろうと一切責任を負いません。
  3. 本サービスにおいて、第三者の権利に属するものを被写体(人物、商品、絵画、建築物など、あらゆるものを対象としています)として撮影を希望する場合は、利用者の費用と責任において許可を得るものとします。
    利用者がそれを怠り、後日問題が発生した場合、本サービスは一切の責任を負いません。
  4. 撮影画像の著作権・版権は全て、本サービス・カメラマンに帰属します。
    利用者が個人利用の範囲内で使用することは全く問題ありませんが、写真コンテストへの無断応募や無断の商用使用など、カメラマンの権利を侵害する行為は一切禁止いたします。万が一、後日無断使用が発覚した場合は、著作権侵害行為に対する侵害行為等の差止め要求、損害賠償請求、不当利得の返還請求、信用回復の為の措置等を求める手続きを行います。また、悪質な案件に関しては刑事事件として告訴し、刑事罰の適用を求める場合があります。
    商用でのご利用をご希望の方は、別途ご相談ください。 また、本サービスの提供するホームページ・印刷物など全ての媒体に使用されている写真・イラスト・文字などを、許可なく複製・転用する事を禁止いたします。
  5. 利用者が申し込み時に撮影した写真の使用を許可した場合に限り、本サービスはホームページ・ブログ・フェイスブック・広告印刷物などに写真を掲載することができるものとします。
    また、カメラマン名義でのコンテスト応募、作品展への展示を行う場合もあります。
    但し、これは使用を約束するものではありません。


第16条 個人情報の取り扱いについて

  1. 本サービスは、個人情報を「個人情報の取り扱いについて」に基づき、適切に取り扱うものとします。


第17条 禁止事項

  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、次にあげる行為を行ってはならないものとします。
     ・本規約に定める場合を除いて、本規約に基づく権利または義務を第三者に譲渡・委託する行為。
     ・本サービス・カメラマンまたは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
     ・犯罪、またはそれに準ずる人道的に問題のある行為、またこれらの情報を撮影させる行為。
     ・撮影画像やプリントした写真を転売する行為。
     ・本サービスの運営に支障を与える行為、または支障を与えるおそれのある行為。
     ・法令公序良俗に違反し、本サービス・カメラマン、または第三者の権利を侵害すると本サービスが判断する行為。
     ・その他、本サービスが不適切と判断する行為。


第18条 準拠法及び管轄裁判所

  1. 本規約の成立、効力発生、解釈は日本法を準拠法とします。
    本サービスまたは本規約に関して利用者との間で疑義もしくは紛争が生じた場合は、両者が誠意をもって協議し解決することを前提とします。
    しかし、それでも解決しない場合は、広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第19条 その他、特記事項

  1. 本規約が法令に基づいて部分的に無効と判断された場合も、その他の規定は有効とします。
    本規約が特定の利用者との関係で部分的に無効となった場合も、本規約はその他利用者との関係では常時有効とします。


以上   

こはる写真館


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。バナーはお持ち帰りください。
こはる写真館
こはる写真館
http://koharu.uijin.com
■ ■ ■ ■ ■

▼外部リンクはこちらから

ページの上部へ